WEBページ制作

美容室Facebook集客 成功者が狙う必須ポイント

制作チームです!

Facebookは誰もが知っているSNSですよね。

個人の情報発信ができたり、写真を掲載したりできる便利なSNSです。
Facebookを利用して集客を行っている美容サロンも多くあります。

よく言われるのがInstagramとFacebookの違いです。

「Instagramを使った方がいいのか?」
「Facebookを使った方がいいのか?」

このような相談を受ける事も多くあります。

FacebookとInstagramはどちらも人気のあるSNSプラットフォームですが、機能やユーザー層、集客方法には違いがあります。
美容サロンの集客において、これらの違いを理解し、適切に活用することが重要です。

結論から言ってしまうと集客に困っている店舗は、両アカウントを持った方がいいです。
集客導線を増やす為にできる事は、全て行った方がいいです。

両プラットフォームの特徴を覚える事で、自身の店舗向けに導線を作る事ができます。

【Facebookの特徴】

ターゲットユーザー 幅広い年齢層が利用しており、特に30代から50代のユーザーが多い。
コンテンツ形式 テキスト、画像、動画、イベント、グループなど多様な形式のコンテンツを投稿できる。
コミュニケーション コメントやメッセージのほか、グループ機能を活用して、コミュニティを形成しやすい。
広告機能 細かいターゲティングが可能で、ユーザーの興味・関心に基づいた広告配信ができる。
詳細 長文の投稿や詳細な情報を共有することで、顧客との深い関係を築くことができる。
イベント機能を活用して、サロンのイベントやキャンペーンを告知・管理するのに適している。
顧客からのレビューを集めて公開し、信頼性を高めることができる。サロンのニュース、キャンペーン情報、顧客の声、長文の記事など、詳細な情報を提供。
写真や動画だけでなく、リンク、イベント、アンケート、グループ投稿など多様な形式を活用。

【Instagramの特徴】

ターゲットユーザー 若年層が多く、特に18歳から34歳のユーザーが多い。
コンテンツ形式 画像と動画が中心で、ビジュアルコンテンツに特化している。ストーリーズやリールも人気の機能。
コミュニケーション いいねやコメント、ダイレクトメッセージを通じたシンプルなコミュニケーションが主流。
広告機能 ビジュアルに訴える広告が効果的で、ストーリーズ広告やショッピング機能も利用できる。
詳細 ビジュアルを重視した投稿で、ブランドイメージを強化するのに適している。
ストーリーズやリールを使って、フォロワーとリアルタイムで交流しやすい。
トレンドに敏感なユーザーに向けて、新しいスタイルやサービスを発信しやすい。美しい施術例の写真や動画、ビフォーアフター、サロンのインテリアなど、視覚に訴えるコンテンツを重視。
短期間で消えるストーリーズや短い動画でトレンドや日常の様子を発信し、フォロワーとのエンゲージメントを高める。

FacebookとInstagramはそれぞれ異なる強みを持っています。

Facebookは深い関係構築や詳細な情報提供に適しており、Instagramはビジュアルコンテンツによるブランドイメージの確立やトレンド発信に強みがあります。

美容サロンの集客戦略において、これらの違いを理解し、ターゲットユーザーや目的に応じて使い分けることで、効果的な集客を実現することができます。

美容サロンの集客において、FacebookとInstagramは強力なツールとなります。
しかし、小規模店舗で人員が少ない場合、両アカウントを効果的に運営するのは難しいかもしれません。

そのような場合でも、片方のアカウントをメインで運営することで、効果的な集客を実現する方法があります。

まず、FacebookとInstagramのどちらが自店舗に最適かを判断する必要があります。

ターゲットユーザーの年齢層や利用状況、コンテンツの特性などを考慮して、どちらのプラットフォームが自店舗のニーズに合致するかを見極めることが重要です。

例えば、Facebookは幅広い年齢層に対応しており、特に30代から50代のユーザーが多いため、詳細な情報提供やイベント告知に適しています。
一方、Instagramは若年層に人気で、18歳から34歳のユーザーが多く、ビジュアルコンテンツやトレンド発信に強みがあります。

メインアカウントを選定したら、そのアカウントにリソースを集中させ、定期的な投稿やエンゲージメントの強化を図りましょう。

例えば、週に2〜3回のペースで投稿を計画し、投稿に対するコメントやメッセージには迅速に対応します。
また、キャンペーンや特別なイベント、新商品やサービスの情報を積極的に発信することで、顧客とのコミュニケーションを強化し、リピーターの獲得につなげることができます。

一方、もう一方のプラットフォームはサブアカウントとして簡易的に運営します。
基本情報の提供や主要投稿のシェアを行い、最低限の情報提供を続けることで、アカウントを放置せずに維持します。

例えば、サロンの基本情報や営業時間、場所などを掲載し、メインアカウントの重要な投稿をシェアすることで、サブアカウントでも最低限の存在感を保ちます。

さらに、SNSの運営を効率化するために、スケジュール管理ツールやコンテンツ制作ツールを活用することも検討します。

Canvaなどのデザインツールを使って、簡単に魅力的なビジュアルコンテンツを作成し、SNS運営の負担を軽減します。

このように、小規模店舗で人員が少ない場合でも、無理に両アカウントを完璧に運営するのではなく、片方のアカウントにリソースを集中させることで、効果的な集客を実現できます。

ターゲットユーザーやコンテンツ形式に応じてメインアカウントを選定し、サブアカウントは最低限の運営を行うことで、効率的にSNSを活用しましょう。

これにより、美容サロンの集客力を最大化し、リピーターを増やすことができます。

美容サロンの集客において、Facebookは非常に有効なツールです。
しかし、Facebookだけでなく、自店舗のホームページへの誘導を効果的に行うことで、より高い集客効果を得ることができます。

Facebookのページには、ホームページリンクを設定することができます。
このリンクを活用することで、Facebookを訪れたユーザーを自店舗のホームページへスムーズに誘導できます。

自店舗のホームページには、詳細な施術メニューや料金、スタッフ紹介、予約システムなど、顧客が求める情報を充実させることができます。
これにより、顧客は安心して予約や来店を決めることができるでしょう。

また、Facebookの投稿や広告においても、ホームページへのリンクを積極的に活用しましょう。

キャンペーン情報や新メニューのお知らせなど、興味を引く内容を投稿し、その詳細をホームページで確認してもらうように誘導します。

ホームページには、LINE予約システムや問い合わせフォームなど、顧客が直接行動を起こしやすい機能を設置することが重要です。
これにより、顧客は24時間いつでも予約や問い合わせを行うことができ、利便性が向上します。

Facebookと自店舗のホームページを連携させることで、集客効果を最大化し、リピーターを増やすことができます。
ホームページリンクを活用し、顧客にとって魅力的な情報を提供することで、より多くの顧客を引きつけることができるでしょう。

HMSでは美容サロンを中心に、店舗運営に関わるご相談などを受け付けております。

・WEB集客を始めたいけど、何から始めたらいいか分からない
・お客様が入っているけど、売り上げが上がらない
・ホームページやLPを制作したいけど、何処に頼んだらいいのか分からない
・SEO対策やMEO対策の方法が分からない
・ホームページを作ったのに、集客数が全く変わらない
・リピーターになるお客様が少ない

上記のようなご相談が多く寄せられます。
何かお困りの方は、お気軽にLINEにてご相談して下さい。