WEBページ制作

広告上位表示の重要性 掲載位置で勝つテクニック

制作チームです!

どのような広告でも掲載位置はとても重要です。

SEOだけではなく競合が複数ある紙広告でも、路上の看板広告でも掲載場所で集客数が変わります。

掲載位置によって広告料が違うのも、広告出稿側がそれを理解しているからです。

アドワーズ広告でも上位表示させるには、クリック単価を上げる方法が早く上位表示しやすいです。

以前にブログで『Zの法則』『視線誘導』の事を書きました。

 

これを基に考えると、掲載料が同じ場合『Zの法則』で考えて、右側より左側の方が集客しやすい事になります。

勿論、掲載文言やバナーデザインの問題もあると思います。
クリックされやすい確率論の話で進めます。

これは、WEBサイトなどでも同様な事が言えます。
YouTubeでもECサイトでもホットペッパーでも、全てのネットや紙媒体で同じです。

【上位表示したWEBサイトやホームページがその媒体で集客できる!】

これは絶対に揺るがない事実です!

下位表示している広告にもメリットはあります。

しかし、下位広告は上位表示している広告の集客量にはかないません。

上位表示させている広告は、どうして上位表示できるのでしょうか?

それは、下位表示よりも高い掲載料を支払っているからです!

テレビCMでも全国と地方でのコマーシャル料金は違います。
見る対象人数が多いほど、料金が高額になります。

それは当然の事ですよね。

【上位表示順=集客量の順】

であり

【集客力=高額料金】

これが現実的な数式になります。

楽天市場などECサイトで商品検索を行うと上位へ[PR]と表示された商品がでてきます。
これも料金を支払って上位表示しています。

大手企業は多額の資金を持っている為、広告力も強くなるという事です。
とても上手くできています。

どの業界でも同じ事が言えるでしょう。

WEBでも冊子でも新聞でも上位や目立つ箇所の広告は、下位広告などよりも高額です。
高額な分、費用対効果を考えながら出稿しなければ、利益がマイナスになる場合も多々あります。

広告メディア側の視点では、高額な料金を支払うクライアントを上位表示させるのは当然です。

それを踏まえて考えれば、SEO上位表示がいかに優れているかが分かります。

オリジナル記事を書けば書くほどアクセスを集めて集客できます!

しかも、大手企業よりも上位表示できる事も多々あります!

どのような広告であっても、1つでも上位表示する事で集客数が変わります。

自店舗のホームページを少し見直して最適化するだけで、集客力が変わるのでしっかりとチェックしておきましょう!