WEBページ制作

美容室のホームページとLPの違い WEBサイト集客の基本戦略

制作チームです!

ホームページとLPって何が違うのか?

インターネット集客に不慣れな方であれば、これは大きな謎なのかもしれません。

ホームページとLPを混同している方が多いようですが、そもそも使用方法が異なります。

ホームページは多くの人が目にする為、何となく知っている方が多いと思います。

そこでの疑問がホームページとLPの違いです。

どう言った場合にLPを制作するのか?

LPとは、ランディングページの略称です。

LPは、特定の目的や目標に焦点を当てた、特定のコンバージョン(例: 製品の購入、無料トライアルへのサインアップ、メール登録など)を促進するために設計された単一のWEBページの事です。

LPは、広告やマーケティングキャンペーンの一部として使用されることが一般的で、特定の製品、サービス、イベント、プロモーションに対するユーザーの関心を引きつけ、ユーザーを行動に導く事を目指すものです。

LPを簡単に説明すると、情報商材や特定の商品を販売する際に、下の方に長く表示しているサイトです。

スマートフォンの普及とモバイルファーストの為、1カラムのホームページが多く見られます。
この1カラムのホームページをLPと勘違いしている方が多くいます。

シングルカラムレイアウトとも言いますが、1カラムのホームページとはどういうものなのでしょうか?

カラムの事が分からないとさっぱり分かりませんよね。
以下がカラムの種類になります。

1カラムをシングルカラム、2カラム以上のレイアウトをマルチカラムなどと言ったりします。

2カラムの中段で、contentとmenuで2列になっています。
これが3列になれば3カラムと言います。

yahooのホームページが3カラムですね。

1カラムのホームページとLPの違いは見た目では分かりづらいです。
WEBが苦手な方にとっては、尚更難しいです。

違いを調べるには、サイト構成を見れば分かりやすいです。

以下、一般的なホームページとLPのサイト構成です。
分かりやすいようにHTMLで記載しました。

一般的なホームページは、フォルダによって階層が作られている事が多く、WordPressなどの場合、投稿ページなどを用いてページが量産できる仕組みになっています。

一方のLPですが、階層などもなくindexページから直でリンクされた下層ページのみです。

上記の下層ページは4ページですが、情報商材サイトなど会社概要のみの下層1ページのサイトも多いです。

何故、このような仕組みなのか?

それは、LPは有料媒体などに広告出稿する際に使うページだからです!

その為、制作時からSEO対策など考えて作られていません。

それが、どういう意味なのかというと

【Google検索にかかっても、SEO上表示できず検索集客ができない】

LPはトップページのボリュームは多いですが、他ページが内容の無いペラペラのページばかりです。

それもそのはずです。

LPは、SEO対策する上では不向きのサイトで、トップページのみ利用するサイトだからです。

ページの量産を行わない為、サイトトップ以外のページは殆ど使いません。

LPはホームページと違い、特定の目的に集中する事ができます。
特定のコンバージョンを促進するため、ユーザーの注意を引くための情報が明確になります。

高いコンバージョン率も望める為、アドワーズ広告などにも適しています。
成果を追跡しやすくアドワーズ広告などに向いたページだと言えます。

ホームページとLPの大きな違いは、SEO対策がしづらい点です。

LPは通常、特定のキーワードやテーマに焦点を当てており、ホームページほど幅広いキーワードに対応できません。
一方でホームページは、効果を最大化するために、豊富なコンテンツを提供できます。

SEO対策で見ると

LP(ランディングページ)→SEOに弱い
ホームページ→SEOに強い

このようになりますが、アドワーズ広告では

LP(ランディングページ)→コンバージョン率が高い
ホームページ→コンバージョン率が低い

一般的にこのように考えられます。

ホームページを持っていて、アドワーズ広告を出す時に、LPで集客や物販の販売を行う!

LP(ランディングページ)→アドワーズ広告
ホームページ→SEO対策

これが理想のサイト運営方法だと考えます。

この切り分けができると、広告効果や費用対を追う事も簡単にできます。

アドワーズ広告で優良なキーワードを見つける事で、自店舗に合ったSEO対策も可能になります。

ちなみにですが、ブログサイトはホームページと考えていいです。

WordPressで作られているものは、その殆どがホームページです。

WordPressの良い点は、ホームページ運営を行い、同一ドメインでLP制作もできます。

上記を考えてみても、SEO対策を行いたい場合、WordPressでホームページを制作した方が良いのです。