WEBページ制作

Googleインデックス登録は必須事項 Google Search Console

制作チームです!

Googleインデックス登録と聞いてピンときた方は、この先を読まなくてもいいです!

「Googleインデックス」って何??

と思う方は、絶対にこの先を読んで下さい。

Google検索については、皆さんご存じですよね。
このブログを訪れた方の中にも、検索エンジンから入ってきた方も多いと思います。

Googleは全世界の人たちが利用している検索エンジンです。
この世の中には幾つものホームページやWebサイトがあります。

Googleはその中から、検索ユーザーに対して求めている情報を提供してくれます。
その情報には順位がつけられていて、それを上から順番に表示しているのです。

上位表示している方が、優先的に閲覧される確率が上がります。
これがSEOと言われるもので、いかに上位表示させるかを競い合っています。

ここで「Googleインデックス」の重要性です!

簡単に説明すると「Googleインデックス」されなければ、Google検索されません。

すなわち、Google集客がそのページからされないという事です!

Googleは検索ユーザーに適切なページを表示させる事を目的としています。
それは企業や個人関係なく、ページの中の情報が濃いページを上位表示させます。

どうしたら「Googleインデックス」されるのでしょうか?

この明確なルール無いのですが、情報の濃いページであれば、いつかは「Googleインデックス」されます。

その期間もはっきりしていないのです。

早く「Googleインデックス」されてGoogleから集客したいですよね?

その為に、【Google Search Console】を使います!

Google Search Consoleに自分のサイトを登録して、URLの検査を行うとGoogleインデックスしてくれます!

これを全てのページで行えばいいのです。

翌日から数日後には、Googleインデックスされています。
もし、Googleインデックスされない場合、何かしらサイトに問題があります。

サイトURLの頭に「site:」を付けて検索を行ってみて下さい。
Googleインデックスされたページが表示されるはずです。

Googleにウェブサイトがインデックスされない場合、いくつかの原因が考えられます。
以下はその主な原因とそれに対する対策方法です。

■ロボット.txtファイルの誤り
ウェブサイトのルートディレクトリにあるrobots.txtファイルが適切に設定されていない可能性があります。このファイルでクローラーに対してクロールを禁止する設定がされているか確認しましょう。

対策方法: robots.txtファイルを正しく設定し、Googlebotがウェブサイトをクロールできるようにします。

■メタタグの設定の不備
ページのメタタグ(特にrobotsメタタグ)が正しく設定されていない場合、Googleはそのページをインデックスしない可能性があります。

対策方法: ページのメタタグを確認し、必要に応じて適切なrobotsメタタグを追加してください。

■重複コンテンツ
サイト内で重複したコンテンツが多いと、Googleはそれらのページを除外する可能性があります。

対策方法: 重複したコンテンツを修正し、一意のコンテンツを提供します。

■速度の問題
ウェブサイトが遅い場合、Googleはクロールを中断する可能性があります。

対策方法: ウェブサイトの速度を最適化し、高速なページ読み込みを確保します。

■ページの品質不足
コンテンツが不十分であるか、十分な情報が提供されていない場合、Googleはページをインデックスしないことがあります。

対策方法: 有益で質の高いコンテンツを提供し、ページの品質を向上させます。

■サイトマップの不備
サイトマップが不完全であるか、正しく構造化されていない場合、Googleは正確にクロールできない可能性があります。

対策方法: 正確で完全なサイトマップを作成し、Google Search Consoleに提出します。

これらの対策を講じることで、Googleによるウェブサイトの正確なクロールとインデックスが促進されます!

自分のサイトが上記に当てはまるか、今一度チェックしてみましょう!