WEBページ制作

離脱率回復!スマホサイト最適化!3大法則 視線誘導戦略

制作チームです!

Zの法則・Fの法則・Nの法則って知っていますか?

『視線誘導』といって、デザイナーや広告関係で仕事をしている人なら知っていますよね。
人は無意識のうちに、視線の動きやパターンが決まっているという法則です。

上図を見てもらうと分かりやすいと思いますが、一般的な人間の目線の流れの法則ですね。

「俺は違うね!!」「私は逆なんですけど???」
みたいな人もいるとは思いますが、あくまでも一般的にですね。

何となく分かりますよね?

看板も、チラシも、新聞も、テレビCMも、WEBも。
全ての広告は、これが基本で作られています。

従って、同じようなデザイン広告があるのも仕方がないのです。

アーティスティックなデザインで、全て逆法則に作る人もいるかもしれませんが、ギャンブル的な感覚は抜きにして、一般的なデザインとしてです。

美容室のホームページでは、アーティスティックなサイトが多く、あえて法則を無視して逆に制作している方もいると思います。

見やすいサイトではなく、独特な唯一無二のサイトを作るのであれば良いと思います!!

が!!ですよ!

見ている側は、スッッッッッッッゴーーーいいい見ずらいですよね。

ボタンがいっぱいあって、アニメーションしまくるサイト。
どこに、メニューがあるのか分からないサイト。
スクリプト多用しまくって、バグが発生しているサイト。
Androidで見れるけど、iosでは見れない、動作がおかしいサイト。

こう言った美容室のサイトは、かなり多くあります。

【何を伝えたいのか分からないサイト】が非常に多くありますね!

絵画か何かと勘違いしているWEBサイトってありますよね。

はっきり言いますが、WEBサイトは広告です!

お客様を呼び込む為のものです。

眺めて楽しませるものではありません。

とにかく読み易く、自店を理解して頂く為のツールです。

上図を見て下さい。

一般的な見やすさは【A】だと言われています。

「いや!Bの方が見やすいぞ!」

そういう答えは受け付けません!

一般的に【A】なのです。
多数決で【A】というルールなので、これに従うしかないのです。

特に、Zの法則はサイト作りでは、とても大切です。

サイト運営で非常に大切なことが
『離脱率・直帰率』をいかに減らせるページを作るかです!!

離脱率?直帰率?
初めて聞く方も多くいるかもしれません。

サイトに来て、別のサイトへ逃げてしまうパーセンテージみたいな感じです!

興味のあるサイトであれば、別のページを読んでくれたりしますよね!

別のサイトへ逃げる事を如何に減らすかを離脱率を減らすだのと言います。

現在、HMSで運営しているブログアクセスの殆どがスマホユーザーです。
割合的には、9割近い訪問者がスマホからです。

今は、全てのネット検索は、スマホで見られている!

と考えてサイト制作を進めた方が良いです。

PC版のサイトに力を入れ過ぎて、レスポンシブ化していないサイトは、見られてもいないサイトを頑張って作っています。
勿論、PC版のサイトがある方が良いとは思いますが、そこまで力を入れる必要性が無いと感じています。

過去のホームページ制作という感覚で制作すると、どうしてもPC版をメインに制作をしてしまいがちです。

これは、クライアントもWEB制作側も同じような感覚だと思います!

サイト制作依頼を行った際に、PC版のデザインをチェックしがちです!

現在では、9割近いユーザーがスマホユーザーだと考えると、スマホ特化のデザインにした方が良いです。

Zの法則やFの法則についても、PC版ではなくスマホ版で見やすいサイト作りが必要です。

サイトトップ上部には、店舗が見せたい部分を見せるべきであり、伝えたい事を上手に表現する必要があります!

「白髪染め専門」「縮毛矯正専門」「激安パーマ」「1000円カット」「マンツーマン美容室」
自店の売り部分は、必ずサイトにアクセスした時点で、読ませる状態にした方がいいです!

がんばって制作したホームページやLPであっても、最下部までサイトを見てくれるとは限りません!

むしろ、サイトに入った瞬間に、逃げられる可能性の方が高いと考えて下さい!

とにかく先出しして、見せたい部分を見せる事を考えて下さい。
これは、どの様なサイトでも、どの様な広告でも同じですね。

店舗ホームページを広告として考えられれば、効果の高いホームページを制作していけると思います。