リピート戦略

客単価が低い原因は事業設計にある

色々取り組んでみたけど、客単価なんて上がらねーよ!って感じたことありませんか?

客単価を上げようと必死で作った高単価メニューを勧めても反応が良くなかったり、プラスメニューで客単価を上げようとしても、全体的の客単価は上がらないなんてザラにあります。

なぜなら、事業設計が変わらないからです。

事業設計が変わらない限りは、根本的な価格を変えたとしてもデメリットしかありません。

確かに、値上げをすれば単価は上がります。

でも単価を上げる意図ってなんですか?

売上、利益を上げたいんですよね。

しかし、必要性のない値上げは失客率を上げるだけであって、結果的に売上、利益率は下がります。

じゃあ、値上げできないじゃん!

と思った方は今すぐその思考をやめてください。

値上げは今すぐできます。

ただし、事業設計をしてからです。

やり方は↓

では、具体的に解説します。

低単価のメニューを求める人はどんな人でしょうか?

逆に高単価のメニューを求める人はどんな人でしょうか?

今、低単価ならば、低単価のメニューを求めてる人を集客しているのです。

高単価にしたい場合は、高単価でも来店してくれる人をターゲットにしなくてはなりません。

まずはターゲットを変えましょう。

ターゲットが決まったら、ニーズを調べます。

ターゲットが求めてるメニューやサービスって何ですか?
どこにでもある様なメニューですか?
どこにでもできるサービスですか?

違いますよね。

一緒だとしたら、どの店も高単価になってます。

ターゲットのニーズを調べましょう。

ターゲットのニーズから、メニューを作ります。

ターゲットが求めてるものは何でしょうか?
あなたに求められてるものは何でしょうか?
求められてるものを、求められている以上のものに変化させるには、どうすればいい?
他店にはなくて、自店にしか出来ないものは何だ?

イノベーションは起こさなくていい。

需要を深掘りするだけです。

メニューを作ったら、ペルソナに体験してもらいましょう。

ペルソナは、顧客分析から見つけて下さい。

市場からではなく、自店の中で見つけて下さい。

体験してもらって評価してもらって下さい。

ペルソナの意見は絶対です。

ペルソナが満足しなければ、そのメニューはボツです。

ペルソナに気に入ってもらえるように改善してください。

改善したメニューをまたペルソナに見てもらって下さい。

最高!ってなるまで改善して商品を完成させて下さい。

その後に、ペルソナ以外の人にも体験してもらって下さい。

10数人で大丈夫です。

10人の評価が高ければ完成です。

まとめ

客単価を上げるには、事業設計を再度し直さなければいけません。

やり方は↓

①ターゲットを決める
②ニーズを調べる
③メニューを作る
④ペルソナでテスト
⑤改善する
⑥商品を完成させる

ここまで出来たら、ターゲットを集客していきましょう。

ターゲットは客単価が高いです。

あとは自動的に客単価が上がってきます。

事業についてもっと詳しく知りたい!相談したい!と思った方は、下記の公式LINEを登録後「個別相談」とお伝えください。

あなたの事業に合わせたネクストプランの提案をさせていただきます。